« K9打ち上げ♪ | トップページ | 大治郎兄さんとムギ兄さん »

2014年7月 3日 (木)

大治郎、歯が折れてしまいました

本当にダメ飼い主です・・・。
昨日歯が折れているのを見つけてからはずっと泣いていましたが、私が泣いたからといって大治郎の歯が治るわけでもなく。
しっかりしなければ、です。
お父さんは大治郎も心配だし、私も宥めないといけないしで大変だったでしょう・・・。

私も色々検索して同じような症状の方のブログを読み、とても参考になったので、記録して残そうと思います。

2011年に大治郎の歯が折れて病院に行ったとき、大治郎の歯が4本ほど足りないことがわかりました。
そのときの記事

このときに犬の歯は案外脆いとか、奥の大きい歯が縦に割れたらおおごとって自分で書いているのに。
今回まさにこれで、左の上顎第4前臼歯の平板破折です。(上の奥の1番大きい歯)
原因はラムボーンです・・・。

4本足りないって知ってから、食べること大好き大治郎ですからもうこれ以上歯を減らしたくないと思ってほぼ毎日歯磨きしてました。
だけど最近、今回割れた左の前臼歯の溝のところにほんの少しだけ歯石が付いて、歯みがきしても取れなくてずっと気になっていたのです。
今考えると本当にちょっと付いただけだったんですけどね。。

ホームセンターに行ったときにラムボーンを見つけて、そういえば以前これで歯がピカピカになったな~と思って購入。
昨日の昼過ぎにあげました。
大治郎は大喜びで齧っていて、しばらくしてから取り上げました。
その時すぐ見れば良かったのですけど私も風邪でふらふらで、そのまま大治郎と一緒に寝てしまいました。
夜になって歯磨きしようと見てみたら、前臼歯の溝を真ん中にして前後に縦に筋がついて割れていました。
割れた線は歯茎までいってしまってます。
もう本当にどうしようかと思って、ネットで調べたけど歯茎のほうまで割れていたら抜歯しかないみたいなことばかりだし、骨は危ないって知っていたはずなのにヒヅメよりは大丈夫、牛の骨よりは大丈夫って安易にあげてしまったのも後悔して。
歯をきれいにしてあげるつもりが1番大きい歯を失くしてしまうことになるなんて、本当にバカな飼い主です。
大治郎に申し訳なくて申し訳なくて。

去年の6月にランで噛まれたときも、私がもっと注意していれば防げたかもしれなくて反省して気をつけようと思ったのに、また同じようなこと繰り返して怪我をさせて。
しかも今回は全身麻酔です。本当にごめんね。

大治郎は気にしている様子もなく元気でご飯も欲しがるので、夜はふやかしたフードをあげました。
今日朝いちで病院へ。
迷いましたが掛り付けの病院ではなく、歯の治療ができるという上尾のフジタ動物病院に行くことにしました。
大きくて立派な病院で、歯の治療ができる院長先生に診てもらうことができました。

言われたことは、
1番よくあるパターンの平板破折。
抜歯になるか、歯を残せるかは手術当日レントゲンを撮ってからじゃないとわからない。
最悪抜歯になるが中の状態が良ければ残して治療できる可能性もある。
その場合、中の歯髄を抜いて、詰め物を入れる。「死んだ歯」になるけど、外見も全くわからないし機能もちゃんとする。人間でいう「神経を抜く」治療。
ただし治療できたあとも稀に菌のせいで膿んだりするケースもあるらしく、その場合も抜歯になってしまう。100頭やって2,3頭いるかいないか。
ホームセンターなどに売っている歯みがき系のオヤツは8割危ないもの。
豚皮のガム(大治郎毎日食べてました)もやめたほうが良い。

大治郎、平気な顔してましたけど、先生曰く結構痛いはずだよとのこと。
今日は手術の全身麻酔に耐えられるかどうか、血液検査とレントゲンを撮りました。
採血のときも私のお腹に頭を押し付けて黙って我慢する大治郎。
その姿があまりにもいじらしくて、もう泣いても仕方ないからと思ったのにボロボロ泣いてしまいました。
源之介には悪いけど、源之介なんて乳歯が抜けただけで大騒ぎでギャアギャア悲鳴なのに、大治郎は歯が折れて歯髄が出ちゃって相当痛くて、そんな中で足に針刺されて採血されても何も言わないんです。それが逆に可哀想で。
いや源之介も彼なりに痛くて可哀想なんですけどね。赤ちゃんだしね。

手術予定が混み合っていて、1番早い日を取ってもらっても来週になりました。
それまで痛くて可哀想なんですが、痛み止めは手術終わってから飲み始めないと、今から飲むと胃が荒れちゃうようで・・・。
それまでは抗生物質を飲んで膿んだりしないようにします。

ラムボーンあげたり、ピギニーガムもやめたほうがいいかなと思いつつ喜ぶからずっとあげていたダメ飼い主です。
こんな大事になってからやっとやめるの決意しても遅いんですよね。
体重も結局落としてあげられてないし、本当に本当に申し訳ないです。
残して治せても、抜歯になってしまっても、それはもう受け入れるしかないので、これから全力で気をつけてあげようと思います。
深く深く反省です。

|

« K9打ち上げ♪ | トップページ | 大治郎兄さんとムギ兄さん »

病院」カテゴリの記事