« 仮免許発行へ | トップページ | 誰のもの? »

2015年2月 2日 (月)

低用量デキサメサゾン抑制試験

日曜日、腹腔鏡の病院で低用量デキサメサゾン抑制試験という検査を受けてきました。
8時間かかる検査でその間安静にしてないといけないらしいので、土曜日遊ばせてあげたいけど車が・・・と嘆いているとちゃおさんとぶるうにさんが土曜日も付き合ってくれるという。
なんてイイオトコたちなのでしょう・・・!

グダグダと書いてます。記事長いです。






お昼すぎに大好きな二人が来て超笑顔の大治郎と源之介です。
Img_9095
お二人が来てくれて嬉しいのはもちろんあるのですが、一番の理由はこれ。
Img_9098
ぶるうにさんが犬用のドーナツを焼いてきてくれたのでした。
犬飼いでもないのに犬用のドーナツを焼くぶるうにさんw
バクバク食べてました。ありがとうございました!
人間用にも作ってきてくれました、超美味しかったですよ。

車に乗せてもらい公園へ。
途中大治郎がぶるうにさんにめっちゃアイコンタクトしはじめて・・・
Img_9101
やっぱり大治郎にも状況がわかるのね、感謝しているのね~なんて言ってたけど、実はぶるうにさんがドーナツを食べていたので欲しくて見ていただけでした(笑)。

ランでちゃおさんとぶるうにさんにボールで沢山遊んでもらって
Img_9107
とっても楽しそう。
Img_9130
源之介は同じ歳くらいのマルプーちゃんと遊びましたよ。
Img_9132
マルプーちゃん、最初は源之介の勢いに押されてたけど後半は反撃してました。
反撃が超かわいかった♪

家まで送ってもらってみんなで弁当食べてのんびりして、
Img_9139
夜はお母さんのヒザの上でヌクヌクです。
Img_9141
楽しく過ごせてよかったね。これで検査も頑張れるね。

日曜日は朝早くからぶるうにさんが迎えに来てくれました。
CT検査のときもそうだったけどまた私たち寝坊してましてスイマセン。
嬉しくて乗るワンズ。
Img_9145
1時間ちょっとかけ、先週に私が捕まったところを通過して悶絶したりしつつ病院到着。
待合室で待っているときに後ろにいたマルチーズちゃんに見覚えが・・・。
病院のHPに副腎摘出手術をしたマルチーズちゃんが載ってまして、それでここにセカンドオピニオンで来たのです。
なのでそのマルチーズちゃんの写真は毎日のように見てました。
この仔みたいに手術が成功して元気になってくれたら!って。

と思っているうちに診察室に呼ばれ、まずはお話。
私は今回初めて先生とお話できました。
優しそうな女性の先生で、ハキハキ話してくれるけど威圧感がなく、本当に一生懸命大治郎のことを考えてくれているのがわかりました。

こちらでお世話になって手術をする決心をしたことを伝え、今後の検査の予定や手術日の予定を立てました。
直接副腎には関係ないかもしれないけど
・オシッコが多いこと
・脂肪腫のこと
・口臭が以前より気になること
・去年に手に出来物ができたこと
・ランに行くと土を舐めるようになったこと

などを話しました。
先生は真剣に聞いてくださって、本当に良い病院だなと感じました。
途中院長先生も挨拶してくださって、院長先生もとても感じが良く信頼できそうな方で、すごく悩んだけどやっぱりこちらの病院で手術をすることに決めて良かったなと思いました。

低用量デキサメサゾン抑制試験なんですが、まず採血して注射→4時間後に採血→更に4時間後に採血という流れです。
病院に預けると思っていたのですがストレスがかなり関与してくる検査らしく、病院に預けられるよりはパパママと一緒に過ごしたほうがいいんじゃないかとのこと。
お散歩も軽くならしてよいそうで、預けないことになりました。
それと、あのマルチーズちゃんはやはり副腎を摘出した仔らしく、夕方のお迎え時に飼い主さんとお話ができることになりました。
飼い主さんや先生方のご配慮に感謝です。

そうこうしている間に病院にちゃおさんが到着。
大治郎を預けて4人で時間をつぶすはずが、私が大治郎を連れて戻ってしまったのでどうしようかということに。
そんなときでも臨機応変に対応してくれる男性陣。本当にいい人たちです。
とりあえず公園に行ってみましたが寒すぎ・・・!
寒すぎていられないのでちゃおさん家にお邪魔することになりました。
ちゃおさんせっかく病院まで来たのにとんぼ帰り。ごめんよ。

ちゃおさん家でご飯を食べましたが・・・大治郎にはあげられません。
検査終わるまで食べられないんだよ~。
朝ごはんも食べてないのでピーピー鳴きまくります、可哀想で私も全然食べた気がしませんでした。
なんか、連れて歩く割には何もあげられないので逆に可哀想だしストレスたまるのでは?ということに。
4時間後の15時に採血しに病院に戻り、事情を話して残りの4時間は病院で預かってもらうことにしました。
大治郎がいつも敷いて寝ている私のパジャマも持っていきました。
預けるときはキャンキャン鳴いていましたが、すぐにグッスリ寝たそうです。

17時にマルチーズちゃんの飼い主さんが病院に来るそうなので、近くの喫茶店にでも行きましょうということに。
駅前まで車で行ってコメダ珈琲に入りましたが満席。
他の喫茶店も満席満席。
喫茶店大人気だな!と探していたら、地下にある昔ながらの喫茶店発見!
ドキドキしながら入ってみたら本当に昔からあるTHE喫茶店って感じで居心地良かったです。
これは当たりだね!なんて言いながら時間をつぶし、17時に病院に着けるように出発。

そしてここで事件です。
駅前の細い道を抜けながら大通りに出たとき、小走りでこちらに走ってくる警察官。
まさか・・・・・・・・・と思いましたがそのまさか。

2週連続で警察に捕まりました!!!!!

もちろん私は現在仮免なので、運転していたのはちゃおさん。
グーグルのナビの通りに走ったのですが、そこは歩行者専用だったそうで・・・。
4人とも気付かなかったよ!もっとわかりやすく進入禁止とか書いてくれ・・・。
青切符切られるちゃおさん。うちの事情で来てもらっているのに本当にごめんなさい。

来週ぶるうにさんが捕まればフィーバーです・・・・・・・・。

そんな感じで何とか病院に到着。
マルチーズちゃんのパパママさんにお話を聞けました。
同じように手術は直前までかなり悩まれたそうです。
去年の春ごろに手術をしたそうですが今もとても元気で、遊んだり走ったりしているそうです。
私も会えましたがとても元気で可愛い仔でした。
副腎摘出の症例はとても少なく、取ったあと元気にしているという情報がほとんどありません。
なのでこうやって実際元気にしている仔に会えて励みになりました。
本当にありがたかったです。

3度目の採血の19時に近かったので、そのまま車の中で待ちました。
19時にお迎えに行ったのですが混んでいて待ちになり、20時近くなってまたお話をして、最後に副腎のエコーを撮りました。
病院を出たのは20時半過ぎでした。

再度エコーを見てわかったことは、
腫瘍自体に血管が多い→手術のリスクが高い
腎臓の血管に浸潤している可能性あり→開けてみないとわからないが腹腔鏡での対応はリスクが高くて開腹になる可能性がある
血管を巻き込んで栄養を取ろうとしている腫瘍なので悪性の可能性が高い
とのことでした。

マルチーズちゃんの腫瘍とはまた別の感じで(マルチーズちゃんは結果的には良性腫瘍だったそうです)、手術のリスクは高そうだということでした。
ここにきてあまり良くないお話にまた私は泣いてしまいましたが、先生方も今回のエコーとCT画像を合わせて更に計画を立ててくれるということでしたし、覚悟を決めて先生方を信頼してお任せします。

来週、腹部エコー、胸部レントゲン、心エコー、心電図、血圧、尿検査
再来週、輸血適合などの術前検査

その後手術になります。

大治郎は運の強い仔ですし、こんなに良い病院に巡り合えたのも大治郎の運の強さだと信じています。
応援してくれる方々もたくさんいますし、私もちゃおさんも警察に捕まって悪運使ってますし!
毎週のように送迎してくれて1日病院に付き合ってくれているちゃおさんとぶるうにさんには本当に感謝です。
私もお父さんもいっぱいっぱいなので、感情が高ぶって言わなくていいことを言ったり、普段なら流せるようなことでも流せなかったり。
ふたりきりだと私ももっと泣いたり大変なことになっていたと思います。
おふたりがいてくれるから、それでも普通に話して過ごして、落ち着いていられます。
本当にありがとう。

源之介、1日留守番でごめんね・・・
って帰ったら大惨事でした。
Img_9150
トイレトレーはメッシュ付きなんですけど、代えるときに面倒なのでパチン!とちゃんと留めていなかったのですね。
なので持ち上げてシートを引っ張り出してビリビリにしたようです。
お水もオシッコもこぼし、シートの下にある低反発マットの更に下までビッチョビチョ。
全部外して拭き掃除になりました・・・。

大治郎の検査や手術の日程が決まってきて、源之介を預かれるよ!と連絡も頂き、ご迷惑になるからと思っていたけどこんな調子じゃ預けたほうが良さそうです。
お言葉に甘えまくるかもしれませんがよろしくお願いします。

今日はふたりとも元気にいつも通り遊んでますよ♪
Img_9153
2月は試練の月になりそうだけど、がんばろうね。

|

« 仮免許発行へ | トップページ | 誰のもの? »

病院」カテゴリの記事