« ねむい | トップページ | 一週間 »

2015年2月 8日 (日)

エコー検査など

2/7(土)、また1日検査でした。
朝ごはん抜いて9時過ぎに預け、夕方まで。
18時頃会えて結果を聞き、病院出たのは19時半頃でした。
大治郎1日大変だったね。お疲れ様。

金曜日の夜、仕事を終えたムギちゃんのパパとママが家に来てくれて、源之介を預かってくれました。
ありがとうございます!おかげで私たちも安心して検査に行けます。

土曜日の朝はまた早朝からぶるうにさんが迎えにきてくれました。
毎週毎週ありがとう。
大治郎もわかっているのか、自分からヒザに乗って甘えています。
Img_9233
ちゃおさんは私たちより先に病院に来てくれていて、検査前に大治郎と会ってくれました。
大好きなちゃおさんに会えて良かったね。

大治郎を預けて私たちはショッピングモール行ったりファミレス行ったりで時間つぶしました。
お父さんとふたりだとどうしても気持ちの逃げ場がないのでね・・・。
お二人がいてくれて本当に助かりますです。

検査の結果は、
・胸部レントゲン→レントゲンで見る限りは肺への転移なし。問題なく綺麗。心臓の拡大もなし。
・血圧→気持ち高い。気になるところではあるが大問題というほどではない。
不整脈も問題なし。
・先週の低デキサメサゾンの結果→異常値なしなのでクッシングではなさそう。
・腹部エコー→腎臓問題なし。血流も充分。
副腎の腫瘍→急激に大きくなっている感はなし。明らかな浸潤もなし。
膵臓→少し荒れている。術後の膵炎に注意するようにする。
下痢や嘔吐がないなら大きな問題ではない。
・血液検査→BUN(尿素窒素)も問題なさそう。

という訳で、とりあえず問題は何もない状態なのです。
ぶっちゃけていうと「開けてみないとわからない」という感じです。
この時点で明らかに浸潤していて手術が難しいとか、明らかに転移しているとか、クッシングだと確定するとか、そういうのがなかったのはとても良い知らせです。
色々検査しても一体何なのかがわからないのはもどかしくもありますが・・・。

何か状態が悪いと手術前に薬を投与してその状態を収めないといけないわけですが、そのようなこともなく安心しました。

先週の「血管に浸潤しているようだ」というのも、今回の検査でよくよく見てみたところ「もしかしたら浸潤ではなくて圧迫している(押している)だけなのかも」という感じも出てきまして。
押しているだけなら綺麗に取れる可能性もありますし。
あんまり良い方向ばかりに考えるのもアレですけど悪いことばかり考えるのも精神が持ちませんしね。
圧迫だけならいいなぁ。
大きさと血管の多さ的には悪性の可能性が高いのですが、ここまで転移や血栓、浸潤がないとなると良性の可能性も捨てきれません。

手術までに気持ちダイエットしたほうが良さそうなので、体力を落とさないようにしつつちょっと食べる量に気をつけて、あと膵臓に良さそうなものをあげようかなと思います。

ここまでの検査では腹腔鏡での手術でスタートできそうです。
何か問題があったらすぐに開腹に移行するようですが、もし腹腔鏡だけで済めば大治郎への負担も少なくて済むので。
何より第一は無事に終わること、ですけどね。
先生方、本当に一生懸命考えてくださって、本当に本当にありがたい限りです。

来週は術前検査です。
・血液検査
・血液がちゃんと止まるか凝固検査
・輸血のクロスマッチ検査
・血圧
になります。

また朝ごはん抜きで1日かかりそうで、大治郎の辛さを考えると私は胸が痛くて痛くてたまりません。
でも今頑張らないとね。
これからまだまだずっとずっと元気で沢山食べて遊んでのんびり暮らすのだから。
そのためには今はちょっと我慢して頑張らないとね。
手術終わって退院したら美味しいもの沢山食べようね。

早朝から夜まで付き合ってくださったおふたり。
帰りのドッグカフェまで付き合ってもらいました。
病院に預けたお散歩バッグに貼られていたお名前シールでイタズラされる大治郎。
Img_9238
頑張ったからワンコ御前だよ~。
Img_9244
モリモリいただきました♪
色々大変だけど食欲も元気もあって結構結構。

ご飯のあとは途中の駅からちゃおさんは帰り、ぶるうにさんは私たちを家まで送って帰っていきました。
本当に足を向けては寝られませんよ。ありがとうございます。

源之介もムギちゃん家でお腹出して寝ていたようで一安心。
そのままもう一泊させてもらいました。

周りの方々に助けられて、メールやLINEなどもいただいて。
本当に感謝しています。ありがとうございます。
また長い一週間が始まりますが、頑張りますね!

|

« ねむい | トップページ | 一週間 »

病院」カテゴリの記事